異をとなえん |

有人宇宙飛行反対論

2012.11.12 Mon

21:27:40

文芸春秋で立花隆さんが、有人宇宙飛行反対論のコラムを書いていた。
理由として、日本には宇宙開発で人命が失われた場合に耐えられないことと有人宇宙開発によるメリットが少ない挙げられていた。
基本的にその意見に賛成である。

私が有人宇宙開発に反対する最大の理由は、一番になれないことだ。
初めての有人衛星とか、初めての月着陸とか、直ぐに達成可能な有人宇宙開発目標はなくなっている。
人類が目指す有人宇宙開発の次の目標としては、アメリカが目標とする火星への有人宇宙旅行ぐらいしかない。
重力に逆らった火星圏脱出が必要ないだけ、小惑星への着陸の方がましではないかと思うけど、それでも簡単ではない。
莫大な金と時間が必要だろう。
それだけのコストを投入して達成できる成果があるのだろうか。
人命安全を前提として、火星への有人宇宙飛行を目指すならば、たぶん人が乗らないで一度リハーサルをするしかないだろう。
そうすると人がいなくても、宇宙開発でできることは全てできてしまう。
人の役割はいったい何になるだろうか。
単なる酸素の消費者だったら意味がない。
火星に宇宙飛行船を飛ばして、乗員は地球でバカンスを過ごせばいい。
そうすれば少なくとも人命を守るためにかかるであろう、膨大な費用を節約することができる。

火星への有人飛行が目標として不適当ならば、日本が目指すべき有人宇宙飛行は何があるのだろうか。
一番になれなければ意味がないのだ。
「はやぶさ」には感動があった。
それは人類初の小惑星からの着陸帰還という偉業があったからだ。
二番目だったら、感動もだいぶ落ちてしまう。
もちろん、二番目でも追いつくためにやらねばならないことはある。
有人宇宙飛行が達成すべき目標のために必要とあれば、たとえ二番煎じでも実行しなければならないだろう。
でも有人宇宙飛行が何の役に立つのか。
それが見えない。

だとしたら、もっと一番を目指せる宇宙開発に資金を投入してもらいたい。
たとえば、ソーラー電力セイルによる木星トロヤ群探査の方がずっと魅力的だ。
あるいはスペースデブリを除去するためにレーザーによって地球に落とすことでもいい。
その他にも、宇宙開発にはいろいろ魅力がある計画がたくさんある。
でも有人宇宙開発にはその魅力がない。
一番じゃないからだ。

安全のための予算をたくさん食うのに、感動が少ない有人宇宙飛行開発には反対だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

売上3000億のロボット企業?

2012.10.24 Wed

20:47:07

「日本のレベルは上がっている」「V-Sidoに期待する」で吉崎航氏のロボットが凄いという話をしていた。
そのロボットがついに実現したらしい。

参照:ついに実現した巨大ロボット「クラタス」。お値段は1億円なり!

2010年に記事にしているのだから2年足らずで実際に作ってしまったわけだ。
やはり若者はガッツがある。
年寄りには夢物語に見えるものを現実化する。
まだまだアートだけれど、実用的なロボットになるのも時間の問題だろう。

引用開始

そんなクラタス、量産ベースで開発されていて、なんと販売の受注も開始されているのだ!

倉田「価格は日本円にして約1億円。受注開始から1ヵ月ほどの段階ですでにオーダーは3000件を超えていて、アメリカ、イギリス、韓国、中国などさまざまな国のメディアから取材依頼が殺到している状態。うれしい悲鳴とは、このことですね」
引用終了

オーダーが3000件だと、売上3000億円、ちょっと信じられない。
1億円のアートが3000人にも売れるのだろうか。
もっとも話半分というか、話100分の1に聞いても、30体売れれば30億円になる。
たいしたものだ。
でも、量産化できてある程度の販売ができるならば、本当の意味で役に立つロボットを開発するための資金の元になる。
量産化のために会社作って、人の役に立つためのロボットを生み出して欲しい。

心配なのは、1億円のアートだと海外への販売が主流だろうけれど、武器に類似するとかで規制などに引っかからないだろうか。
買う方もアートというより先端技術を使った武器とでも考えてそうだ。
はたが心配しても仕方がない話だけど。

とにかく、こういう話を聞くと日本の未来も捨てたものではない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

原発についての自分の意見

2012.03.12 Mon

21:09:53

原発についての質問があったので、一言述べておきたい。

原子力発電について、賛成か反対かを問われたら、いまだに賛成派のような気がする。
とは言っても、ところどころで見かける、推進派と反対派の論議の中であるような絶対的な確信はない。
だから、どこかで原発を作りたいと言いだす人がいたら、それを法律で止めるのはおかしいと感じるし、自分の家の近くで原発を建設するならば、それ相応の迷惑料を払ってもらわねば、許せないと思うだろう。

結局のところはコストの問題なのだ。
原発のコストが他の原料による発電のコストに比べれば、安ければ推進した方がいいし、高ければやめた方がいい。
もちろん、原発のコストはいろいろな物がかかる。
事故が広範囲で長期間に及ぶ問題や、処分に時間がかかる核廃棄物の問題がある。
今までの推定が今回の事故によって変わったことも明らかだ。
それと同時に、一つ一つの事故に伴って改善していくことで、技術の安全性は高まっていく。
どんな技術だって最初からパーフェクトなものはない。
それを考えにいれず、最初から事故を起こすと考えてコストを産出することもおかしい。

しかし、事故の確率なので誰も正確にわかるわけがない。
しょせんは未来のことであり、不確定のことだ。
その不確定な未来を前にして決断するのは、リスクを取って、金を儲けようとする資本家以外にいない。
国家の援助がなければ、無理という話もある。
それはそれで正しいのかもしれないけれど、国家がリスクを引き受けなけれならないなら、やめた方がいい。

なんか文章を書くのが難しい。
遠慮が出ているような気がする。
実は主張したいことはあるのだが、原発についての基本的意見を書いていたら、うまく入らなくなってしまった。
それについてはまた書くこともあるだろう。

この文章を読むと、結局逃げているだけではと感じる人もいるだろう。
それについては、その通りだと答える。
私は、国民として、消費者として、自分がわからないこと、責任を持てないことに対して判断を停止し逃げるのは正しいと思っている。
民主主義論として書かねばならないのだが、それはまた別の話だ。

それでは、なぜ原発基本賛成派なのかと言うと、アトムの記憶だと思う。
「三つ子の魂百まで」ではないが、子供のころ鉄腕アトムを好んでみた記憶がしみついている。
だから、原子力が嫌いになれない。
もっとも、幼児のときの記憶にこだわってもしかたがない話だ。
だから、原発について賛成か反対かと問われれば、わからないと答える。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

H-3妄想

2012.02.01 Wed

20:48:42

三菱重工が開発している新しいロケットエンジンが気になっている。
エキスパンダーブリードサイクルという方式のエンジンで、現在のH-2の2段目に採用している。
このエンジンをより大きくし1段目に採用しようというのが、日本の次期ロケットの構想だ。

このエンジンの何がいいかというと、コストが安くなるのである。
素人の私にはよくわからないのだが、三菱重工の技報(pdfファイル)の他方式と比べた図を見ると、納得できる。
他の方式に比べて、配管等が半減している。
だから半値になるかというと、そんなに単純ではないだろう。
でも大幅なコスト安になるのは間違いないように思える。

日本のH-2は他の国のロケットに比べて高い。
最近の円高で圧倒的に高くなってしまった。
このコストの高さを引き下げる秘密兵器として、私の期待は高まるのだ。

もっとも、エキスパンダーブリードサイクル方式のエンジンは大型化に不向きだと聞く。
他の方式では燃焼エネルギーを使って圧縮しているので、より圧縮できて出力が上がる。
それに対して、エキスパンダーブリードサイクル方式では液体水素が気化するときの力で圧縮するから、どうしても弱くなる。
それで出力が上がらないらしい。
素人の理解なので本当に合っているが自信がないのだが、一応このように理解した。

けれども、三菱重工はできると確信しているらしい。
クラークが次のようなことを言っていた。
「専門家ができるといったら、それはできる。けれども、できないといったからといって不可能とはならない。」
それを信じて、エンジンができることは間違いないと思う。

日本の次期ロケットH-3はこのエンジンを2段目に1基、1段目には複数基組み合わせる。
1段目には3基組み合わせるというのが、エンジンの規模としては妥当みたいらしいけど、3基というのはエンジンの飛行制御的には難しくなるらしく、いろいろと議論されているらしい。

このことを考えていると妄想がつのってくる。
私の妄想というのは、エンジンを4基にして再使用可能ロケットにしようというものだ。
エンジンを4基にし、燃料積み込みの量を多くして、2段目を発射した後、1段目は地上に再度戻ってくる。
3基で使い捨てだと、戻るための燃料を組込めないだろうけど、1基増やせばなんとかなるだろうという発想だ。
4基にすれば、途中でエンジンが1基壊れたとしても3基で戻れる。
再使用可能といっても、飛行機型はいろいろと難しい。
もうあのロケットの形のまま、エンジンをゆっくり吹かして、細かく制御して着陸したほうがずっと楽ではないか。
実際、あんな形のロケットの着陸実験をやっている。

再使用可能にすれば価格はとても安くなる。
1段目でエンジンが壊れても、戻ってくることができればより安全性は高まるので、有人飛行も可能になるかもしれない。
もっとも有人飛行よりも、再使用可能ロケットにして費用を安くする方がより重要だ。

再使用可能というのは、スペースシャトルで失敗したように、簡単ではないだろう。
妄想だと思いつつ期待している私がいる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

MRJのビデオ

2011.07.16 Sat

21:45:25

youtubeにMRJ関連の動画がアップロードされていることに気づいた。
リンクしておく。
複数に分かれているのものは、最初の部分だけである。
見終われば、次が提示される。

スパコンで復活する日本の翼 YS-11からMRJへ 1/3

日本の数値流体力学CFDが優れているという話は聞くが、どれほどのものなのだろうか。
最近、ロケットエンジンの解析に成功したとも聞くし、実機でのテストが簡単にできなかった日本でコンピューター処理が発展したとしても驚きではない。
しかし、実機、コンピューター両方を自在に活用しているアメリカに比べて、開発力は追いついているのだろうか。

国産旅客機開発に挑む男たち 1/2

101218未来ビジョン『よみがえれ!ニッポンの翼〜MRJの挑戦』1/2

三菱飛行機 国産50年ぶりの旅客機に挑戦! 三菱重工大江工場

関連記事
続:日本はなぜ旅客機がつくれないのか?
金融危機はMRJにとって追い風である
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

V-Sidoに期待する

2011.06.25 Sat

20:21:17

大昔に書いた記事だが、日本のレベルは上がっているで、動くユニコーンガンダムを作ってみた「試作偏」という動画をリンクしたことがある。

最近、このシステムにV-Sidoという名前がつけられて、他にも幾つかの動画がアップロードされていることに気がついた。

参照:タグ V-Sido を含む動画の検索結果

凄い。
特に最新作の【V-Sido】Kinect+カメラでロボット用コクピットをつくってみたは夢が広がる。

Kinectという人間の動作をリアルタイムに画像として取り込むシステムを使って、人間の動いた通りにロボットを動かす。
ロボットにつけたカメラから画像情報を送ると、ほとんどロボットのコックピットから操縦している気分になってくる。
早く実用化できないかと本当に思ってしまった。

今福島の原発では多くの人々が被害を最小限に抑えるために働いている。
それでも、放射線の脅威は大きく、なかなか作業は進まないでいるみたいだ。
目には見えない、時間が経ってから病気になる、放射線の元での復旧作業はやりにくいことこのうえない。

その現状を打破する手段として、遠隔操作によるロボットは理想的だ。
人間型で、人間並の大きさがあり、人間並の力が出せるならば、汎用性があるのでいちいち状況に応じたロボットは必要ない。
そんなロボットを複数投入すれば作業スピードが大幅にアップするのではないだろうか。

実用化にはまだたくさん問題がありそうな気もする。
人間並の大きさと力がなければ汎用としては使えない。
そのエネルギー源をどうするかという話がある。
たぶん、動画では電池を使っているのだろうけれど、実用化には単純な電池でいいのか、もっとパワーのある電池が必要なのか。
ただ、自動車を動かすレベルまでには電池も進歩している。
あんまり長時間駆動するのではなく、小まめに充電するために戻るようにすれば、実用化の問題があるとは思えない。

やはり問題になるのは遠隔操作か。
Kinectを使った遠隔操作は簡単だが、手仕事はできないし、素早い認識にはいろいろと問題がありそうだ。
できれば車を運転するとか、クレーンを運転するレベルにまで引き上げたい。
でもそうすると大がかりなシステムが必要になる気もする。

人間の能力は非常に高い。
自律的にロボットが行動するのは、いまだに問題が多くてなかなか進歩していない。
だから、自律的という部分を省いて、人間によって直接コントロールしてしまえば難しい問題を飛ばすことができる。
制約のある動作、制約のある視野でも、人間ならば訓練しだいで、不可能とも思える技を実行できる。

遠隔操作によるロボットの実用化は、まだもう少しかかるかもしれない。
しかし、今回みたいな人を投入しにくい災害が起これば、実用化の要請は非常に高くなる。
技術的なボトルネックが私には見えない。
資金を投入すれば解決できそうな問題ばかりだ。
だとしたら、実用化は目と鼻の先だ。
本当に期待したい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続:日本はなぜ旅客機がつくれないのか?

2011.06.11 Sat

21:34:32

前に一度、「日本はなぜ旅客機がつくれないのか?」の感想を書いてみた。
その理由をいまだに考え続けているので、今の意見を書いてみる。

日本の航空機産業がいままで弱い最大の理由は、政府の援助が少ないからだ。
世界の航空機産業は軍事中心に成立してきた。
軍事上の要請から政府が開発費を多大に負担してきた。
いまも新規航空機の開発の場合には、政府が補助金を出すことが当然のように認められている。

その結果、民需中心の経済構造を持っている日本には非常に参入が難しかった。
日本は開発費を補助するというシステムが基本的にはない。
だから、民間企業だけでは開発の初期費用を捻出することができなかった。
YS-11は政府が開発費を出したが、それを続けれられず失敗した。
政府が開発を援助し続けるべきという意見は多いが、それは政府が民間に介入するということで根本的に間違っている。
政府の強力な援助なしに成立できない産業ならば、日本には必要ない。

だから、世界の航空機産業はある意味腐っている。
世界の航空機産業を支配していたアメリカはエアバス社の参入を許した。
一つは共産主義の崩壊により軍事費が減少し、航空機産業がボーイング一社の独占になったためだ。
もう一つはエアバス社がヨーロッパの強固な支援を得ていることによって、開発費が捻出されたからである。
でも、開発費があればそれだけで市場に参入できるのだろうか。
どうもそうらしい。
もちろん開発に成功することは必要だが、成功すれば現行の機種より性能が高いはずなので、業界が寡占化している以上ある程度売れることになる。
航空機産業のメンバーは極めて少なくなっている。
イニシャルコストが高い以上、寡占化するのは業界の常だ。
複数の企業が参入すれば共倒れになる危険性が高まるので、市場を分割しそこで高い利益を出していこうとする。
そんな行動をボーイング社もエアバス社も示している。

その状況も少しずつ変わり始めてきた。
リージョナルジェットはアメリカとヨーロッパの政府中心の開発から離れて、民間独自が勝負できる市場を切り開いた。
政府が多額の補助をしていることは変わりなくとも、開発費がいままでのジェット機より減っただろう。
けれども、日本にとってリージョナルジェット市場はバブル崩壊以後に発生したといってよく、イニシャルコストが大きい航空機開発には体力の弱った企業の手の負えるものではなかった。

リージョナルジェットの業界はボンバルディアとエンブラエルの二社寡占である。
この二社はリージョナルジェット機という新しい分野を作り出してきた。
この業界に三菱重工がMRJという機種をひっさげて参入しようとしている。
不思議なのは、業界を支配しているこの二社の動きが鈍いことだ。
MRJは燃費を20%向上することが売りだ。
開発に成功すれば急速にシェアを伸ばすこともあるだろう。
それなのに対抗した旅客機を開発しようとしてない。

ボンバルディアはCシリーズという100席以上という、今までのリージョナルジェットより大きい旅客機を開発している。
それはそれで意味があるのだが、自分たちが支配している分野を守ろうとしないのだろうか。
MRJが新規に参入してきた所で戦えば消耗戦になる。
それが嫌で逃げているだけなのではないか。
エンブラエルは新規の開発をしているかよくわからない。
現行のシリーズがよく売れているからだろうけど、競争相手を叩く必要はないのか。

旅客機開発のイニシャルコストが高いからと言って、ある程度段階を追っていけばそれほどきつくはないはずだ。
きつくなるのは段階的に開発するのではなく、今ある機が完全に時代遅れになったら、完全に一新をするつもりで開発するからだ。

ボンバルディアもエンブラエルも資源国として経済は好調だ。
そこに利益率が低くなる泥沼の競争を回避して別の分野に逃げている。
そんな感じを受ける。

日本の航空機産業を応援したい。
ただ、それは政府の強力な援助によるものではなくて、民間企業の自立した経営によるものでなくてはならない。
三菱重工のMRJは民間企業の勝負のように思える。
今後の航空機産業が政府や軍事の枷から外れるならば、日本にもチャンスはある。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る