異をとなえん |

ドル高はどこまで続くか? - 先週の株式相場(2009/12/25)

2009.12.29 Tue

02:46:40

先週の株式市場の分析結果が、月曜夜では遅いもいい所だ。
前夜のアメリカ市場の分析をして、日本市場の始まる前に分析を終える、株式会社のアナリストたちは偉いものだ。












































































12月25日 12月18日 前週比 前週比(%)
日経平均株価 10494.71 10142.05 352.66 3.48
TOPIX 909.39 893.59 15.8 1.77
上海総合指数 3141.35 3113.89 27.46 0.88
NYダウ工業株30種 10520.1 10328.89 191.21 1.85
S&P500種 1126.48 1102.47 24.01 2.18
ナスダック総合指数 2285.69 2211.69 74 3.35





円相場(ドル) 91.1 90.31 0.79
円相場(ユーロ) 131.3 129.49 1.81


日本の株式市場は急に回復した。
世界の株式市場も高くなっている。
原因は何だろうか。
日本の株式相場の場合、私は円高が止まったことが最大の原因と見る。
84円まで上昇していたドル相場が円安に転じ、今は91円台だ。
輸出企業にとっては、大幅に利益改善が期待できる。
それでは、円高が止まった原因は何だろうか。
円高が止まったというより、実際はドル高だと思うが、ドル高の最大の原因は景気の好転期待によって、長期金利が反発し始めたことによる。

景気の動向と為替の関係について考えている。
二つの国があるとしよう。
A国とB国だ。
A国とB国の間では、変動為替相場制をとっている。
A国は少し景気が悪くなってきたので、景気回復のために中央銀行が金利を下げた。
二つの国の間の金利差が変化したことで、A国の通貨を売って、B国の通貨を買う流れが強まった。
その結果、A国の通貨は安くなり、B国の通貨は高くなる。
そうすると、A国の物品の価格は安くなるわけだから、B国への輸出が伸びるようになり、また、B国から輸入していたものも、自国産のもので間に合わすようになる。
A国の生産が伸びるわけだから、A国の景気は良くなっていく。
株価等も上がっていく。
債券市場から株式市場に金が流れていき、債券金利は上がっていく。
A国の金利が上がると、B国から金が流れるようになり、自国通貨安だった流れが自国通貨高に変わる。
景気回復が自律的な成長をもたらしていれば、この流れはしばらく続く。
問題は自律的な成長があるかどうかだ。
自律的な成長がなければ、自国通貨高は結局自国の景気を悪くしていくことになる。
最初に戻ってくるわけだ。

自律的な成長がなければ、為替相場の変動は上のように循環していくように見える。
日本の90年代の経済がそうだった。
景気が悪くなると金融緩和政策を取り、円安に転換させた。
そうすることで、景気は良くなるのだが、円高になると自律性が弱いので、すぐ景気が弱くなってしまう。
その結果景気が落ち込むということを繰り返していた。

現在のアメリカのドル高もそんな感じがする。
アメリカの株高は、アメリカの輸出の好転とアメリカの多国籍企業のドル安による利益のかさ上げが主因に見える。
そのアメリカの株高が資産効果を通じて、景気の好転をもたらした。
しかし、ドル高に転じることで、その二つの景気の回復の力は弱まっていく。
そうすると、アメリカの景気回復とドル高も長くは持たないのではないだろうか。
とは言っても、日本の円高も1年や2年は持った。
そう考えると、今回のドル高も1年や2年持っておかしくはない。
もしかしたら、そのまま自律的な成長が始まるかもしれない。

しかし、流石にそうはいかない気がする。
一番心配なのは、原油相場がいつのまにか80ドル近辺に近づいていることだ。
70ドルを割ったけれども、景気回復期待から反転したのだ。
これは、やはりアメリカ経済を冷すと思う。
それを考えると、景気回復によるドル高もあまり長くは期待できないのではないだろうか。
とりあえず、景気回復、ドル高、円安、日本株式市場の上昇は、アメリカの出口戦略が始まる2月までと予測しておく。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2009年12月18日の週の株式市場

2009.12.21 Mon

18:57:06

なんか、眠くて遅れてしまった。
今週の株式市場では合っていないからタイトルを変えてみた。























































12月18日 12月11日 前週比 前週比(%)
日経平均株価 10142.05 10107.87 34.18 0.34
TOPIX 893.59 888.57 5.02 0.56
上海総合指数 3113.89 3247.32 -133.43 -4.11
NYダウ工業株30種 10328.89 10471.5 -142.61 -1.36
S&P500種 1102.47 1106.41 -3.94 -0.36
ナスダック総合指数 2211.69 2190.31 21.38 0.98


先週は一週間を通してみると、やはり小動きの場であった。
日米共にほとんど動いていない。
しかし、上海総合指数だけは、かなり下げている。
先週も下げていたことを考えると、ドバイ・ショックがそれなりに影響しているのだろう。
新興国のリスクが増大して売られたと考えられる。

円相場(ドル)
90.31-90.36 ▲ +1.20 (円安) 19日 5:48
円相場(ユーロ)
129.49-129.54 ▼ −0.80 (円高) 19日 5:48

為替の方も先週の価格に比べてそれほど動いてはいない。
イメージとしては随分円安になっている気がしたのだが、実際はそれほどでもなかった。
1円以上動けば、かなり大きいのだが、それでも弱まっているように感じる。
ただ、ユーロがかなり安くなっている。
ユーロは最弱通貨になっているので、ドルに対してはかなり安くなっているだろう。
新興国市場への投資で手痛い打撃を受け、ヨーロッパや新興国からアメリカ市場に逃げ返ったという所だろうか。
また、その損失を穴埋めするために、アメリカ国債を売却して長期金利が上ったとも考えられる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

大山鳴動して株価動かず - 今週の株式市場(2009/12/11)

2009.12.14 Mon

01:32:32

12/11
日経平均株価 10107.87 85.28 0.85
TOPIX 888.57 -1.01 -0.11
上海総合指数 3247.32 -69.72 -2.10
NYダウ工業株30種 10471.5 82.6 0.80
S&P500種 1106.41 0.43 0.04
ナスダック総合指数 2190.31 -4.04 -0.18

12/04と12/11の各種株価指数を比較してみた。
いろいろ変化はあったけれど、終わってみると1%も動いていない。
上海だけが-2%下がったくらいだ。
先週は、その一ヶ月前と比較したけれど、その時もほとんど動いていなかった。
すると、ここ一ヶ月と一週の間、株価はほとんど動かなかったことになる。

円相場(ドル)
89.12-89.16 ▼ −1.36 (円高) 12日 5:49
円相場(ユーロ)
130.30-130.34 ▼ −4.01 (円高) 12日 5:48

為替は先週末と比べると、ユーロに対してずいぶん円高が進んでいる。
ドル円より、ユーロドルの相場でユーロが安くなった影響が大きい。

あんまり相場が動いていないと、書けることが少ない。
世界経済が持ち直しているのは、バブルが新興国に移っているからだと予想していた。
それが、新興国が出口戦略に移るにつれて、株価が押さえられている。
世界の株式の動きが止まるということは、投機をしている人にとっては、投資の甲斐がない市場になる。
手締まってくる可能性が強い。
それは世界的な株式の下落を招きかねないと弱気派の私は思う。
日本で始まった弱気の流れが世界に伝染した感じだ。
今後の予測はできないにしても、要注意の期間に入りつつある。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

今週の株式市場(2009/12/05)

2009.12.05 Sat

20:30:15

「今日の株式市場」は、日ベースだと流れをつかみにくいので中止した。
そこで、今回は週ベースならば、流れをつかめるだろうと、新しく書いてみる。

12/04
日経平均株価 10,022.59 151.86 1.53%
TOPIX 889.58 17.14 1.96%
上海総合指数 3,317.04 138.43 4.36%
NYダウ 工業株30種 10,388.90 161.96 1.58%
S&P 500種 1,105.98 12.90 1.18%
ナスダック 総合指数 2,194.35 40.29 1.87%

3列目には11月10日からの比較を表示してある。
11月10日は「今日の株式市場」を最後に記述した日である。
4列目はそのパーセント表示。

週間ベースで実行するつもりだけど、最後に書いたのが約一月前なので、今回は月ベースになっている。
たまたまかもしれないが、この一ヶ月だと日本とアメリカの株価の上昇はあまり変わらない。

為替相場についても、記録に残しておく。

円相場(ドル)
90.48-90.50 5日 5:48
円相場(ユーロ)
134.31-134.36 5日 5:49

昨日から見ると大幅に円安に振れた。

昨日、アメリカ市場は雇用情勢が改善されたことを理由に株高となった。
為替もドル高に振れる。
なんとなく、変な流れだが、雇用情勢の改善によって、より早い出口戦略が予想されるかららしい。
金利の上昇が予測されれば、通貨は上がる。

一ヶ月ぶりに株式市場について書いてみようとしたが、久しぶりということもあって、勘が取り戻せない。
ある程度、書いていると、自分なりの流れができるものだなと、変なことで感心する。
この一月もドバイショックやら円の14年ぶりの記録更新など、大きい出来事はたくさんあった。
けれども、一月という流れで見ると、あまり動いていない。
中国の上昇が目立つ程度か。
来週はもう少しましなことを書きたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

元気がない - 今日の株式市場(2009/11/09)

2009.11.10 Tue

04:00:59

11/06
NYダウ 工業株30種 10,023.42 17.46 0.17%
S&P 500種 1,069.30 2.67 0.25%
ナスダック 総合指数 2,112.44 7.12 0.34%
11/09
日経平均株価 9,808.99 19.64 0.20%
TOPIX 870.67 -3.34 -0.38%
上海総合指数 3,175.58 11.55 0.36%

今日の国内市況:TOPIX続落、長期金利が1.475%−ドル安・円安

2営業日日経平均は上げたが、TOPIXは下げた。
相変らず日本の株は元気がない。
私もなんか元気がない。
気分が乗らなすぎる。
ダメだ。
今日はおしまい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

新興国バブル仮説 - 今日の株式市場(2009/11/06)

2009.11.07 Sat

04:27:41

11/04
NYダウ 工業株30種 9,802.14 30.23 0.31%
S&P 500種 1,046.50 1.09 0.10%
11/05
日経平均株価 9,717.44 -126.87 -1.29%
TOPIX 874.96 -6.31 -0.72%
上海総合指数 3,155.06 26.52 0.84%

今日の国内市況:日経平均1カ月ぶり安値、債券下落−円が強含み

11/05
NYダウ 工業株30種 10,005.96 203.82 2.08%
S&P 500種 1,066.63 20.13 1.92%
11/06
日経平均株価 9,789.35 71.91 0.74%
TOPIX 874.01 -0.95 -0.11%
上海総合指数 3,164.04 8.98 0.28%

日本株はハイテク上げる、米統計と為替安定−増資懸念で金融重しに

昨日は調子が悪くて休んでしまった。
今日は二日分について考察してみる。

日本の株式相場は相変らず弱い。
11月5日は前日のアメリカ市場の上げに反応せず下げ、
11月6日は前日のアメリカ市場の大きな上げに反応して少しだけ上げた。
今日TOPIXは下げに転じていることから考えると、
アメリカ株式市場に関わりなく下げ基調になっているように見うけられる。

この原因は何だろうか。
日本の内需関連を厳しいと多くの人が考えている。
外国人投資家も日本人投資家もそうだろう。
二番底懸念が出ていることや、民主党の政策不安などもその理由になる。
だから、TOPIXは完全に下げトレンドだ。
しかし、輸出関連企業はどうだろうか。
輸出はかなり持ち直してきた。
グローバル化している企業が多い日経平均がTOPIXに比べて、
成績が良好なのはそれが理由だろう。
TOPIXに比べて成績が良いといっても、たいしたことはない。
日経平均もほとんどボックス相場に入っている。
つまり、輸出がどんどん増えていくことを期待できないと投資家は考えている。
ただ、輸出が期待できないならば、
輸出先の国の相場も低調になりそうなものである。
日本に比べて、世界の他の国の株式相場がかなり戻しているのは、
別の所に原因があるのではないかと思わせる。
円高傾向が企業の採算の悪化をもたらす可能性を懸念しているとも思えるが、
為替相場はたいして動いているわけではない。
1ドル90円前後を維持し続けているのだから、
円高懸念がそれほど大きいとは思えない。

一つの仮説は、世界の株価は新興国バブルが支えているというものだ。
金融緩和、財政支援政策による世界の過剰流動性は、
現在新興国に向かっているとする。
新興国は景気が良くなるので、消費が増え、輸入が増える。
新興国はまだ物中心の成長なので、石油などの消費量も多い。
これが商品相場を支えることになる。
新興国に資金が流れるということは、ドル安新興国通貨高になるということだ。
それは新興国の輸出を阻害することになるが、
現在通貨当局がかなり積極的に為替介入をしている。
新興国の代表である中国政府は、
リーマンショック後元高を完全に止めたといっていい。
新興国での為替介入は流れこんでいる外国資金にとっては望ましいものだ。
現在資金を投入している状態では、通貨を安く買えるし、
通貨介入していること自体は流動性を生むのでインフレを招きやすくし、
投資のリターンを大きくするだろう。
景気が過熱したことによって、引き締めに入り通貨高を生んだ所で、
資金を回収すれば理想的となる。
アメリカの株式市場では、
新興国が成長することで利益が得られる企業の株価が上昇する。
多国籍企業中心のNYダウは、だから上がりやすい。

アメリカを始めとした先進国は、失業率の増加にも見られるように、
まだまだはっきりとした景気の回復を示していない。
けれども、
中国を始めとした新興国は既にリーマンショックの影響から回復している。
そこで、バブルの対象が新興国に移動したわけだ。
アメリカ経済に比べて圧倒的に小さかった新興国の経済も、
最近では随分大きくなった。
バブルの対象としても、当分はなんとか持つだろう。

日本経済の株価が不振なのも納得がいく。
日本の輸出は資本財・素材・自動車が主だ。
工作機械のような資本財はリーマンショック後に市場が消失したといっていい。
設備投資がなくなったからだ。
新興国の景気が良くなったといっても、
アメリカへの輸出分を内需に回せば賄えてしまう。
設備投資はなかなか盛り上がらない。
素材は好調なように見える。
自動車はアメリカが中心だということもあって、新興国には輸出できていない。
金額も高くなるので、将来も難しい。
結局、日本は先進的なものに集中しているので、
新興国のボリュームの大きい低価格の製品が弱いのだ。
それが株価を上げさせない。

今後の展望はどうだろうか。
今起きている株価の上げが、新興国バブルだとしたら、
それなりに長く持つ気がする。
新興国に成長の余地があるのは明らかだし、経済規模も大きくなっている。
新興国の引き締め政策の転換は怖いが、まだ始まってもいない。
潰れるとしても1年以上かかりそうだ。
原油価格の上昇による景気の悪化が一番怖いが、
リーマンショックの頃に戻るにはまだ一年以上かかるだろう。

アメリカのバブル崩壊の影響は大きく、アメリカ経済自体の立ち直りは、
まだまだ当分先に思えるか、世界経済自体は別だ。
世界経済自体が立ち直れば、
アメリカの株式市場で世界経済を反映する銘柄は好調になってもおかしくない。
その銘柄の上げだけでは、アメリカ経済自体の立て直しは難しいとしても、
カンフル剤にはなる。
新興国バブル仮説によって、世界の株価は解釈できるというのが、
現在の私の考えだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

落ち着いてきた - 今日の株式市場(2009/11/04)

2009.11.05 Thu

04:19:27

11/02
NYダウ平均 9,789.44 76.71 0.79%
S&P 500種 1,042.88 6.69 0.65%

11/03
上海総合指数 3,114.23 37.58 1.22%
NYダウ平均 9,771.91 -17.53 -0.18%
S&P 500種 1,045.41 2.53 0.24%

11/04
日経平均株価 9,844.31 41.36 0.42%
TOPIX 881.27 0.73 0.08%
上海総合指数 3,128.54 14.31 0.46%

今日の国内市況:株は小反発・債券下落、円小動き−FOMC声明注目

日経平均はほとんど動かなかった。
アメリカ市場が動かなかったので、それに追随したことになる。
それでも朝方は下げて始まっていたので、気持ちは好転したのか。
頭が動いていないので、他に思いつかない。

日本市場中心に語ろうと思っていたので、一番最初に日経平均を置いていたが、
昨日の相場も記述すると時系列がわかりにくくなるので、時間順に並べ直した。
今後もそう書く。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る