異をとなえん |

ドバイはなぜ高層ビルを建てるのか?

2008.05.18 Sun

01:08:37

押井守 NHK特集「沸騰都市」OP/ED映像を監修

経由で、ドバイの特集が放送されることを知る。

NHKスペシャル|沸騰都市 第1回 ドバイ 砂漠にわき出た巨大マネー

ドバイは高層ビルを山ほど建設中とか、
世界一の高さのビルとかで実に興味深い。
実体を知りたかったのだが、映像をコマーシャルで見るぐらいしかなかった。
今回NHK特集があるというので期待している。

ドバイが高層ビルを建設している理由は何だろうか。
回りが砂漠だったら土地はありあまっているだろうから、
上に伸ばすよりも、平面的に広げていった方が安上がりな気がして疑問だった。

今日、青春新書の「ドバイにはなぜお金持ちが集まるのか」をさらっと見たのだが、
そこに参考になる事が書いてあった。
ドバイは高温多湿の地なので、24時間ビルごと集中冷暖房しているらしい。
そこで冷気が逃げないよう、表面積を小さくするために、
高層ビルになるのかもしれない。
また、高層ビルなら上の階を冷やせば、
自然に冷たい空気が下に落ちていって、
空気の対流に気を使う必要があまりなさそうだ。

もう一つ、ドバイでは外を歩くのが不快なので自動車に乗って移動して、
ほとんど外に出ることはないそうだ。
平屋建てだと駐車場から降りて歩くこと自体が問題なのだろう。
高層ビルなら地下に駐車場を作る事ができる。
そこがすでに冷房されていれば、不快なことは全然ない。
また、平屋の魅力は普通出入口をたくさん作れることだろうけど、
ドバイでは冷気が逃げてしまってありがた味が全然ない。

合っているかどうかわからないけれど、
ドバイがなぜ高層ビルを建てるのか、わかった気になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントの編集
秘密にする

トラックバック
トラックバックURLはこちら